ダーツ

DSC_0024

~中身の人の独り言について~

※友人のブログを見ていると現実について書き記しているのが多いので、それに感化されたご様子

※基本的に中身の人の生活をだらだらと書き記すノンフィクション

※その割には文章力がないので箇条書きになる

※PSO2には余り関係が無いので、興味がない方はスルー推奨

運動神経の悪い私でも唯一出来るスポーツがダーツである

円形の的に定められた距離から手投げの矢を投げて得点を競うのがルールだ

遠目から見ていると簡単に投げているように見えるが、実際にプレイしてみると矢が的に届かなかったり、的外れな場所に飛んだりと最初の内は戸惑う部分が多い

というのも、身体の姿勢、向き、矢を持つ手の力、両足の置き方、投げた時の手の位置etc…例を挙げるとキリがないが、身体のバランスが1つでも崩れると数cmの誤差が発生したりする

たかが数cmと大袈裟な、と言われるかもしれないがほんの1cmの誤差で50点を取れるか1点しか取れないか、と説明すれば分かって頂けるだろうか、それ程までにシビアだったりする

それ以外には集中力を如何に持続させるかが重要でもある

偉そうに説明してみるものの私自身ダーツに出会ってから2年程しか経っていないのと仕事の関係上、数ヶ月に1回行くかどうかなので腕の方は、というと中の下である

とはいえ、やはりダーツをしている時は時間を忘れてしまう

仕事をしている間は1時間が倍に感じるのに比べて、好きな事をしている時は1時間が30分に思えてくるのだから不思議なものだ

私の数少ない友人と一緒に朝早く出掛けて1日中ひたすらダーツを投げ続け、気付いたら次の日の朝帰りになっていたというのも度々ある

最近は友人との時間も合わず、帰宅してPSO2をプレイする日々なので腕の方はやはり鈍ってしまっているだろう

もうすぐクリスマスが訪れるので私の職場は忙しくなるだろうが、近い内に友人と投げに行きたいものでもある

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中