ユーザーと運営の認識のズレ 「アークスプレイマナー講座」

011(C)SEGA

 

公式HPの「重要なお知らせ」に突如として沸いて出てきた奇妙なページ

※個人的な独断と偏見による感想を述べていきます

 

【第1回 アッシュ君、RMTを勧められる】

…まず『プレイマナー』講座の1回目で『RMT』というのは話が飛躍しすぎでは…と思ったのが第一印象

『プレイマナー講座』『不正行為防止講座』の2項目がありますが、本来ならば先に『プレイマナー講座』を取り上げるべきではないでしょうか

最初に言っておきますがRMTを擁護するつもりは全くありません、RMTによって、それを利用する一部の人間が得をし、大多数のユーザーが損するだけでなくサーバー内に業者やBOTが蔓延(PSO2サービス開始時にはよく見られた光景)し、ゲーム内経済のバランスが崩壊、人為的な経済格差が発生する事によって一般的なユーザー層が離れる事になり運営する企業の収益が低下(結果的に新規コンテンツの開発が減少、サービスの低下によって長期の運営が困難になる)する事から運営、ユーザー共に見過す事が出来ない問題です

そもそもRMTの行為そのものを取り締まる法律が存在しない為(RMTの行為によって信用毀損罪・業務妨害罪又は著作権侵害等の別の法律に抵触する可能性はありますが)、法整備が追いついておらず違法とも適法とも言えないのが今現在のRMTの現状です

仮に法改正によってRMTが法律違反という事になれば、運営が提供しているACスクラッチや課金サービス、アイテム等がRMT行為となってしまう為、運営が独自に定めた『利用規約』によって第三者(運営以外の個人、業者)から現実の通貨で売買する行為は禁止となっています

ざっくり要約してしまうと『運営から提供するサービス以外で現実の通貨を取引してはいけません』という事なのですが、『プレイマナー』以前に『ルール違反』という重い部類ですよね

因みにこれとよく似た内容は公式HPの運営方針『プレイマナー』に既に掲載されています(http://pso2.jp/players/support/rule/manner/)

001111(C)SEGA

0011111(C)SEGA

このページにおいてはマナーとして『①発言や行動には気をつけましょう』『②迷惑、不正なプレイは絶対にやめましょう』という『利用規約』について説明しています

そもそもとして既に存在している内容を繰り返しする必要はなく、改めて投稿するのであれば内容を掘り下げて説明すべきなのですが、掲載されている漫画はそれの劣化版という有様

最初のページのほうが一目で分かり易くシンプルな気がします、このページ自体を公式HPの上部にリンク掲載しておくだけでも良かった気がしますが…

00111(C)SEGA

漫画の1ページ目から色々とつっこみたい内容ですが…

『ロビーアクション欲しいけど、今の所持メセタじゃ買えないな…。』

という台詞は全てのプレイユーザーが心に感じている事でしょう

これに関する議題は以前の記事に投稿しているので詳細は省きますが

【前回記事:課金者を蔑ろにする水増しACスクラッチ(https://goo.gl/qSOtXU)】

PSO2のOPでアッシュがキャンプシップから飛び立つ際の『Sジャンプ』は誰しもが最初に見るOPのロビアークションであり、馴染み深いアクションの1つですね

このロビーアクションの実装を心待ちにしていたユーザーは多く居た事でしょう

しかしながら、実際にスクラッチに実装するや否や、ビジフォンに並ぶ価格は20M超えという暴騰ぶり

誰しもが欲しがるロビーアクションなのですから、多少の価格高騰は予想していましたが、このロビーアクションが実装された『百花繚乱 戦国クロニクル』では『110種類』もの課金アイテムが並びその中の1つを当てるのは困難であり、当たる確率も低い事から異常なまでに価格が上がるのは当然の事でしょうね

そもそもとしてロビーアクション=高い、という事自体が『異常』というべきでしょう

11111(C)SEGA

『やっぱりクライアンオーダーとかで真面目に稼ぐのが一番だな。頑張ってくるよ。』

この時点で運営とユーザーの認識のズレが出てきますね

クライアントオーダーで真面目に稼いでいる間にもロビーアクションは高騰を続け、ようやく入手したと思ったら新しいスクラッチが実装され、それもまた価格が高騰というある意味自転車操業に陥る事態に

一般的なユーザーはクライアントオーダーのみでロビーアクションを購入する等困難でしょうね、これが出来るのは複数キャクターを所持してクロトオーダーやデイリーオーダーを毎日欠かさず消化しているからこそ出来る芸当です(これ自体も相当な時間を費やしますが)

性別、種別関係なく使用できるアイテムなのですから、需要が高いのは当たり前でロビーアクションの供給を増やす(スクラッチの入手難易度を下げる)事によってスクラッチ内のアイテムとロビーアクションの価格の差を抑え、過去に実装されて価格が高騰したロビーアクションにおいてはロビーアクションのみのスクラッチを別に実装する事によってスクラッチの顧客を増やし、それによって収益の増加等様々なインフレ抑制策があるのですが、どうも運営は目先のお金にしか興味が無い様に思います

『110種類以上の中にロビーアクション1つ実装したよ!!当たる確率は低くて強化リスク完全ばっかり出るけど頑張って引いてね!!』

NPCのアイテム買取価格を下げ、水増しスクラッチによってACスクラッチそのものの魅力を低下させ、特定の課金アイテムの価格を吊り上げてインフレ状態にさせている漫画の1コマ目は明らかに運営の問題でしょう、擁護はしませんがACスクラッチを引く魅力が無いのであればRMTという手段を取ってしまうのも分からなくはありません

話が極端にずれてしまいましたが、そもそもとして『アークスプレイマナー講座』の1回目に過去の『プレイマナー』『①発言や行動には気をつけましょう』等の話を掘り下げるページが最初に来ればここまで記事を書く事も無かったでしょう

『画面の向こうにはNPCはいません、貴方と同じ人間がいます』

等といったユーザーのマナーや良心に訴え掛けて興味を掴み、最初の頃はやりがちであった『不特定多数のユーザーが出入りするロビーでの過度なSA(シンボルアート)や過激な /toge コメントの乱用は控えましょう』といったシステム面でのマナー(サービス開始3年目というユーザーや運営が作り上げてきた周知ルール)を説明してからでも遅くはなかったかと思います

更に言えば初代PSOのキャッチコピーは

 

「はじめまして」から はじまるRPG

 

その流れを汲むPSO2であるならばRMT云々よりもマナーを先に取り上げるべきでした、むしろ取り上げて欲しかったですね

 

pso20151028_164924_000

倉庫に大量に眠っているリリパリウム(極小)を複数使用するシステムを作らず、ACを使わせようとする1クリック詐欺紛いの拝金システムをしれっと実装する運営さんこそ『運営マナー講座』を学ぶべきではないでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中