「幻創戦艦・大和」についてのご説明について個人的感想

70987905(C)SEGA

先日、PSO2の酒井プロデューサーから『「幻創戦艦・大和」についてのご説明』というのが公式HPにて掲載されました

これを読んで個人的な感想を書いていきます

※個人的な独断と偏見による感想を述べていきます

 

率直な感想としては『なんの生産性もない所詮まとめサイトのブログと、とりあえず理由がなく叩きたいだけの人の難癖によって修正を余儀なくされてしまった』のが今回の騒動の原因でしょうね

 

反対派の意見に『大和が敵で出るのが嫌だ』『菊花紋章を使うのはまずい』『菊花紋章を付けた戦艦大和を破壊するゲーム』『SEGAは反日ゲー』などといった根拠の無い感情論とデマによってOPムービー、これから発売されるであろうパッケージ、ゲーム内に実装される幻創戦艦大和のシンボルの修正にSEGAの人員と労力が使われた事

間接的には私達プレイヤーがPSO2を支える為に支払っているプレミアムやACスクラッチ等の課金『プレイもせず、一銭も落とさない外部の人間や守銭奴のようなアフィリエイトブログ』の為に消費した事を考えると非常に残念でしかありません

 

『大和が敵で出るのが嫌だ』と書き込んでおきながら、自らのプロフィールに『World of Warshipsをプレイしています』等と矛盾した考えをお持ちの脳内お花畑プレイヤーには是非とも海の底に沈んで欲しいもの

World of Warshipsは実際に存在、計画された第二次世界大戦までの世界の艦艇を操作して戦うオンライン海戦ストラテジーゲーム、駆逐艦から空母まで幅広い艦船が登場し勿論、日本が過去に建造した戦艦大和も登場し、プレイヤーが操作できます

対戦自体はランダムマッチングなので、場合によっては日本の艦船や大和と対戦する事もありますが、その時に『大和が敵で出るのが嫌だ』とは言っていられないでしょう

大人数を交えたチームプレイで、勝敗を決めるゲームにおいて個人的な理由で『敵だけど沈めたくない』と勝負を捨てるのは協力対戦プレイとしてどうなのでしょうか、何故そのゲームをプレイしているのか非常に理解に苦しみます

PSO2で大和が敵で登場するのが嫌であれば、暴論だけどもゲームを止めればいいだけの話のこと

ゲームのエピソードには少なからず大和に関するキーワードが随所見られ、場合によっては大和と戦うストーリーも追加されるとは思いますが、何もストーリーを進めるのは義務でもありません

実際に幻創戦艦大和と戦う時は任意での緊急クエストなので参加したくない場合は参加しないでも十分にゲームを遊べるとは思う

心情的な問題で大和が敵というのに抵抗があるのであれば反論はしませんし納得できるのですが、PSO2で戦艦大和は駄目、片や実際に存在した艦船を登場させて戦うゲームはOKなどというダブルスタンダードな考えには賛同できません

 

『菊花紋章を使うのはまずい』という意見に関しては既に公式HPでも説明があるように

『菊花紋章については、これまでも数多くのプラモデルや映画など、多くの作品で登場した大和でも再現されています。弊社法務機能においても使用には知的財産上、法務上の問題はないことの確認を行っております。』

有名なものでは映画『男たちの大和』や先ほど述べた『World of Warships』でも日本の戦艦には花弁の菊花紋章が使われている所を見ると使用する事に関しては問題ないように見えます

これらの使用はOKでPSO2が駄目というのはただのこじつけでしかない

調べてみたところ、確かに戦前の1867年(慶応3年)3月28日の太政官布告第195号では菊花紋章の使用を禁止されていはいましたが、戦後にはこれらの法令は廃止されています

あくまで『商標登録』ができないのであって使用する事に関しての制限は今現在の日本の法律には存在していません

 

『知的財産上、法務上の問題が無ければ何でも使っていいのか』という意見もありましたが、実際の菊花紋章と幻創戦艦大和の紋章ではデザインが違います

実際の菊花紋章では覆い被さるように二重の菊のデザインですが、幻創戦艦大和の紋章では丸の中に菊らしきデザインがあるだけで全く同じ紋章ではないのです

あくまで菊をモチーフにした何か別物のデザインにも関わらず、菊花紋章だと騒ぎ立てているのは滑稽でしかありません

 

『菊花紋章を付けた戦艦大和を破壊するゲーム』に関してはプレイはおろか動画すら見ていない外部の人間の感想でしょうか?

PVにおいてはA.I.Sと呼ばれる人型ロボットが進む幻創戦艦大和の進路方向に向けてミサイルを発射して海上を凍らせて大和を足止め、ロボットから降りてキャラクター達が大和と対峙するというシーンで終わっています

PV内では戦闘機らしき物に対して攻撃や破壊をしていますが、大和に対して攻撃をしている描写が一切見られない事を見れば大和に関して非常に慎重に扱っている事が分かります

A.I.Sというロボットにはバルカン、剣、グレネード、レーザーという強力な武装があるにも関わらず一切攻撃しないで接近した為に大和の主砲で味方のロボットが撃墜される始末

普通であればロボットに搭載されている武器を惜しみなく使って大和の対空砲や武装を破壊してから、大和に乗り込むといった派手な演出の構成も出来たにも関わらず、です

 

あくまで個人的なこじつけになりますが、酒井プロデューサーの説明に『倒し甲斐があるもの』という言葉がありましたが、大和を破壊するという表現は文章には出ていません

従来でのPSO2のレイドボスでは確かに部位破壊と呼ばれる敵の弱点を攻撃、破壊する事によって報酬品が増えるというシステムはあるものの、大和に関してそれが適用されるのかは不明で、わざわざロボットを降りて生身の状態で大和に乗り込む事を考えれば奪還や解放といった見方も出来ます

にも関わらず何故か戦艦大和を破壊する、といった不確かなキーワードだけが先行して余計な誤解を生んでいるようにも見えます

 

これに関しては確かに運営側の問題もあるように思います

PSO2というゲームで何故、戦艦大和が登場するのかという理由はつい先日に配信されたストーリーで明らかになったばかりなのも騒動の要因の1つとも言えます

インパクト重視でユーザーを驚かせる為にレイドボスが『幻創戦艦大和』というネーミングが一人歩きし、PSO2の世界設定の甘さのツケが回ってきたものでもあります

誤解や混乱を招かないように、デザインは実際の戦艦大和をモチーフにしつつPSO2の幻創戦艦大和に関しては史実とは異なった設定を付け加える事で回避できたかも知れません

『PSO2の世界の日本では先の大戦を回避し、戦火を交えることなく戦艦大和は除籍、大和に搭載されていた電波探信儀(いわゆる船のレーダー)は後のエーテル通信の元になった』

等といった世界設定があれば、ゲームの世界では戦争が起きず、また1人の犠牲や損害も出さずに平和を保ったまま現在に繋がっているフィクションの日本も描けたはずです

史実の戦艦大和≠幻創戦艦大和として分けて扱う事ができたにも関わらず、PSO2の世界設定があやふやなままで今現在まで来てしまった事で、プレイしていない方には史実の大和なのか、どうして大和が敵なのかといった第三者から見た幻創戦艦大和の立ち位置を明確にしなかったのは反省すべき点でもあります

 

此処までだらだらと書いてきて言うのもあれですが、歴史物を扱う以上は賛成派、反対派、どちらの意見にも同調できてしまいます

いくらレプリカ、フィクションとはいえ菊花紋章のまま(実際の紋章とは違いますがパッと見は似ている)の戦艦大和に未来のロボット、主人公であるアークスという宇宙人が攻撃を加えることは、文章だけで見れば普通は狂気の沙汰ではありません、史実では戦艦大和乗組員約2270名という尊い人命が失われ、大和を護衛していた艦船の多くが沈み、その乗組員も多数亡くなっている歴史があります

勿論、それらを踏まえた上で酒井プロデューサーの説明には史実の戦艦大和とは違い、空を飛んだり、海に潜ったり、レーザーを発射したりといった空想上でありながらも史実の戦艦大和をモチーフにした乗組員の存在しない無人の幻創戦艦大和を登場させたいという気持ちも個人的には非常に共感できます

空を飛んだり~の説明においては本来実装してからのギミックであるにも関わらず、此処までネタバレしてまで戦艦大和との区別を説明しなければならなかった酒井プロデューサーの苦労も見え隠れしますが

バーチャルでありながらも自分の分身であるキャラクターが戦艦大和の甲板に乗り込んで、その当時の最新の検証をモチーフした原寸大の大和をモニター越しでありながらも実際に観る事が出来る夢のような体験を心待ちにしている私はやはり異端なのでしょうか…?

今回の騒動を受けて菊花紋章を別のデザインに変更し、ゲーム中だけの新たな幻創戦艦大和として再出航するとの事なので実装まで楽しみにしつつ

戦艦大和という特別な存在である以上、アークスが幻創戦艦大和を倒すといった善悪二元論とは違った結末を迎えてくれる事を期待しています

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中